PROGRESS

Design your own,

play freely.

Produced by NAOKI SHIROZU

News

お知らせ

Mission

For those who pursue
a global challenge...

“PROGRESS Inc.の設立”

"世界で戦えるアスリートの育成"をミッションに掲げ
スポーツパフォーマンスを向上するための筋力やパワー系トレーニングと、投げる、打つ、走る、跳ぶなどのスキル動作に直接的に関わる重心移動トレーニングを融合させたプログラムを提供していきます。

また、海外の大学やトレーニング施設、研究者の方々との連携をとることで最新の情報を取り入れ、常に最良のトレーニングができる環境作りに努めていきます。

Customer’s Voice

お客様の声

近藤 健介

Voice 1

プロ野球選手

近藤 健介選手

白水さんからは効率的なトレーニングの必要性を日々学んでいます。トレーニングを見てもらうようになってから、自分自身の身体をより一層考えるようになり、日々向上心を持って野球と向き合っています。
シーズン中、毎日のようにプレーする野球というスポーツの特性上、コンディションを維持することは至難の業です。それでもプロ野球という世界で高いレベルを目指すには自分の身体をしっかりと理解しパフォーマンスの最大化を図ることは必須条件です。
怪我が付き物の野球ではありますが、シーズンを通して戦うための身体づくりに、これからも白水さんと共に励んでいきたいです。

宮里 美香

Voice 2

プロゴルファー

宮里 美香選手

白水さんのトレーニングはパフォーマンス向上(飛距離アップやショットの再現性)でこういう動きを高めたいと伝えたことに対して、的確にアドバイスを頂き、丁寧に説明してくれるのでとてもわかりやすいです。
絶妙な動きの調整により力の伝わり方が変わり、毎回驚きもあり、とても勉強になることばかりです。
トレーニングの次の日は、いつも筋肉痛です。効率よく、トレーニングさせてもらっています!

中山 友貴

Voice 3

レーシングドライバー

中山 友貴選手

妻と2人でトレーニングをみてもらっています。
毎回、そこまで長時間のトレーニングではありませんが、しっかりと筋肉痛が出るのでかなり効率の良いトレーニングが出来ていると感じます。
わかりやすく説明してもらえるので、トレーニングの動きのイメージがしやすいです。
いつもありがとうございます!

添田 豪

Voice 4

プロテニス選手

添田 豪選手

白水さんのトレーニング指導を受け、身体の使い方を再確認出来、動きの質が良くなり、無駄な力をいれずにパワーを出せるようになりました。

横田 正司

Voice 5

八雲総合病院 整形外科 医長
日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
北海道日本ハムファイターズ チームドクター

横田 正司

正しい動作やコンディショニング方法の取得は、パフォーマンスの向上だけではなく、ケガの予防にもつながります。白水トレーナーはプロ野球の世界でこれを実践してきました。今後はより多くの方々が幸せなスポーツライフを送る事ができるようサポートされることと思います。ご活躍を期待しています。

後藤 佳子

Voice 6

日本整形外科学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
北海道日本ハムファイターズチームドクター

後藤 佳子

プロ球団では、選手のベストパフォーマンスを引き出すために多角的なプランニングとアプローチ、綿密な修正を欠かさず行うことで、効果的なアプローチを常に考えているトレーナーさんでした。そして 「自分の身体を知ってもらう」ということに赴きを置き、選手の主体性から長期的なコンディショニン維持につなげるということを大変重視しています。大谷選手の活躍は「白水理論」が大きく貢献したのではないでしょうか。個々の体質や引き出せるパフォーマンスが多様だからこそ、時には常識をくつがえす「白水流」アプローチが、新しい自分を発見させてくれると思います。

カスタマーズボイス A

Voice 7

ジュニア野球選手

カスタマーズボイス A

バッティングの色々な悩みとなる動作は、実はシンプルなスクワットなどの動作に出やすく、そうならざるを得ない体の使い方しかできていないことに気づきました。そのため、まずは今までとは違う身体の使い方をシンプルな動作で獲得していくことで結果的に理想の動きができるようになるのかなと今、トレーニングを続けることで感じています。子供が今まで自分なりに考えてきたことを否定することなく、新しい感覚やアドバイスを与えて頂けるのでとても心地よくレッスンを受けることができ、とても意味のある時間となりました。

カスタマーズボイス B

Voice 8

コーチ

カスタマーズボイス B

まずは身体の原則について講義して頂きました。
原則を知ることにより、トレーニングのフォームエラーがよりハッキリと見えるようになり指導の幅が拡がったと感じています。
選手本人のクセを理解しつつ、原則に沿うようにするにはどういった感覚でやれば良いか、どういった練習が必要か、など選手とのコミュニケーションも円滑になりコーチングスキルまで繋げる事が出来ています。

カスタマーズボイス C

Voice 9

アスリート

カスタマーズボイス C

指導者育成講座を受講しまして、まずトレーニングに対する見え方、考え方、感覚が完全に変わりました。
実際の競技よりも簡単な動作のはずなのに、エラーが出てしまうということは、「トレーニング時の動きの癖は競技動作に共通する」と改めて認識させられました。
また、股関節に乗る感覚、力を出す感覚、トレーニングのバリエーションによって入る刺激の変化など、自分の中の運動感覚がセッションごとにアップデートされていくのがわかり、考えながらトレーニングができるようになりました。
プロの現場の第一線でご活躍されていた白水さんの知識や経験を学ぶことのできる時間はとても充実したものになりましたし、貴重な経験をさせて頂きました。
様々な理論や情報が溢れている現在ですが、自分で実践して得られたスキルは財産です。
この度はありがとうございました。

カスタマーズボイス D

Voice 10

専門学生

カスタマーズボイス D

今回の講義によってトレーニングに対する考え方や感覚、一貫性の大切さそして運動の原理原則を理解することができました。
運動の原理原則を理解することによって、正確かつ強くそして上手く身体を使えるということを自ら体感することができました。またリズムやコントロールからの出力など競技動作に生きるトレーニング、トレーニング方法一つで強く、上手くなるということに感激し自分自身の成長に
とても繋がりました
指導する際にも全てのトレーニングに一貫性を持ち、トレーニングでの流れの中で形やリズムなどを指導することができるようになりました。
毎回多くの気付きや新たな感覚が身につくことがとても私自身の経験、成長そして財産になるものばかりでした。
本当に成長できる講義でした。ありがとうございました。

Service

パーソナルトレーニング

運動/身体特性分析(動画/数値)

競技に応用が利く基礎トレーニング指導

効果的な重心移動に繋がる動作ドリル指導

初回体験:¥5,000(白水、大森は体験価格なし)

白水直樹:¥36,400(税込)

大森達也:¥18,000(税込)

トレーナー:¥12,100(税込)

チームトレーニング

運動/身体特性分析(動画/数値)

競技に応用が利く基礎トレーニング指導

時間を効率的に使うトレーニングプランの提供

1時間ごと¥20,000(3時間から)

Growth Coaching Program

トレーナー、コーチなど運動指導に関わる人材の育成(詳細は上記リンクから)

Level.1:¥11,000
開催時期が決まり次第の募集となります。

Level.2:¥198,000
お申し込みは下記リンクから公式LINE を登録のうえ、氏名および受講希望の旨をお伝えください。

基礎と競技スキルを
繋げる

運動原理を組み込んだ
基礎トレーニングを習得

Fundamental

今、何が必要なのか?

現代の情報化社会では、最先端メソッドやデジタルを駆使したトレーニング方法が海外から次々と日本に上陸しています。 もちろん、ある一定の効果が期待できるものもありますが、 注意深く見てみると、実際には基本的な運動原理を角度や言い方を変えて断片的に伝えているものが多いとも言えます。

一方、PROGRESSでは、アスリートの成功において欠かせないのは「基礎トレーニングを理解し実践すること」だという考え方を確固たる軸としています。その際、忘れてはならないポイントは、実践するメソッドを「正しく選択」すること。そのためには、まず自分自身の運動特性や身体特性、つまり「座標軸上で自分がどこにいるのか」を徹底的に知ること、その上で、トップレベルで活躍するためにはどんな課題をクリアすべきかを根本から理解することが重要です。

トレーニングは一つ一つのメニューを単体で考えるのではなく、 関連性を持たせて実践しないとなかなか成果が出ないので、 選択のプロセスはとても大切です。PROGRESSは 、オリンピックメダリストやメジャーリーガーなど、世界トップレベルのアスリートたちと積み重ねてきたケーススタディにより、基礎トレーニングの確かな選択を提供します。

PROGRESSが提供する

トレーニング事例1

Case1

アメリカンフットボール・
バスケットボールなど

17歳(高校2年)男性

特性

柔軟性(×)筋力(×)技術力(〇)

課題

海外で通用するパワーを身につけること

メニューの優位性

A > B > C

世界で活躍するうえで、外国人選手と対等に戦えるだけのパワーは必須。
そのため、筋力アップを目的としたAを最優先している。
次に、Aで習得したパワーをCの技術動作に繋げるためのBを優先。
もともと瞬発力や技術力は高い特性を持っているが、ABを優先させることによりCのレベルが底上げされる。

PROGRESSが提供する

トレーニング事例2

Case2

ゴルフ・
フィギュアスケートなど

20歳男性

特性

柔軟性(×)筋力(×)技術力(〇)

課題

成績の向上と安定、しなやかさと力強さを身につける

メニューの優位性

B > A > C

細かな技術が成績を大きく左右する特性がある競技の場合、筋力Aを技術Cに繋げるポジショニングBを最優先。柔軟性、しなやかさが課題という意味でもBの優先順位を高くする必要がある。

“センス”を磨く

感覚・意識などのコントロール能力を向上させる

フィジカル

身体的な
基礎トレーニング

これまでのトレーニングで注目されてきた蓄積できる“フィジカル”トレーニング

基礎

筋力・柔軟性・持久力など

フィジカル+センスの融合フィジカル+センスの融合

センス

感覚や意識と
実際の運動のつながりを
深めていくトレーニング

これまでは偶発的なものと考えられてきた“センス”それらをロジカルに理解する

感覚・意識

ポジショニング・タイミングなど

Sensuous

「センスがある」とは?

スポーツの現場では、筋力・柔軟性・持久力など、フィジカルの要素を高めるための専門的指導が広く行われています。しかし、それだけではパフォーマンス向上に直接的に影響する確率は低く、うまくいったとしても"偶然の成功"になりがちです。
そこで着目したいのが、いわゆる"センス"と呼ばれるもの。つまり、感覚や意識です。そういった目に見えない抽象的なものをロジカルに解明しコントロールできるようにすることが、"偶然"を"必然"に導いてくれるのです。
とはいえ、「意識していなかったために今までできなかった」ことを「意識すればできるようになる」ことがゴールではありません。究極の理想は「意識しなくてもできる」ようになること。歩くのと同じように、無意識の状態であっても一定のレベルの動作が再現できる。これこそが、パフォーマンスの修正・維持・向上につながるのです。
この究極の理想に少しでも近づけるために、PROGRESSでは脳神経系や脊髄反射などのメカニズムを考慮に入れた運動パターンを構築し、デジタルとアナログを駆使した地道な運動学習を提供します。

アスリートとして自立

目的、方法、習慣が明確になり
“自分のロジック”が育つ

自分のロジックを確立

共通した運動原理の応用により、
自ら運動修正ができるようになる

Goal

どうなるのか?

例えば、マウンドでピンチになったら、次の1球をどうするか ― ?
不調を感じた時に自分で修正できる能力を身につけておけば、試合中のピンチも怖くありません。
PROGRESSで習得したことのすべてが、その場で修正作業を行うための「材料」になるのです。
例えば、新しいトレーニングや練習方法を取り入れてみたい時。自分の特性を理解しているから、PROGRESSで習得したことを材料に自分用にカスタマイズすることができます。
例えば、海外でプレーする時。違う気候、違う標高、違う形状のグラウンド。
どんな環境でも、自分のプレーを再現できるのです。
スランプから脱出する術をモノにできる。それがPROGRESSのメソッドです。

Contact

お問い合わせ

公式LINE『TEAM PROGRESS』にご登録いただくと、
プロの知見に基づいたトレーニング情報をお届けいたします。
あなた自身のトレーニングの向上のために、ぜひご活用ください。
各種お問い合わせも公式LINEよりお願いいたします。

SNS

ソーシャルネットワーク

トレーニングに関するPROGRESSの情報満載
随時更新中!是非チェックしてください!

NAOKI SHIROZU

Founder

創設者

NAOKI SHIROZU

CEO/パフォーマンスディレクター

白水 直樹

修士号 (スポーツ医学)、NSCA-CSCS、鍼師・灸師・按摩・マッサージ指圧師

駒澤大学 卒業

神奈川衛生学園専門学校 東洋医療総合科 卒業

筑波大学大学院人間総合科学研究科 スポーツ医学博士前期課程 卒業

2004北海道日本ハムファイターズ トレーナー

2010Boston Red Sox 岡島秀樹 パーソナルトレーナー、江戸川大学男子バスケットボール部 ストレングス&コンディショニングコーチ、ウイダートレーニングラボ アドバイザー、筑波大学 体育総合実験棟 Sport Performance and Clinic Lab. アドバイザー

2013San Francisco Giants /Texas Rangers 田中賢介 パーソナルトレーナー

2014北海道日本ハムファイターズ 1.2軍巡回コンディショニング担当

2018読売ジャイアンツ Strength & Conditioningコーチ

2020PROGRESS株式会社 代表取締役

2022サンロッカーズ渋谷 Director of Sports Performance

MESSAGE

プロ野球選手を目指して大学まで競技を続けていましたが、その夢を果たすことは出来ませんでした。
現役時代、腰痛によって苦しんでいた時に鍼灸治療とトレーニング指導が出来るトレーナーに助けてもらった経験を機に同じように選手をサポート出来る立場になりたいと考えました。

プロの世界で仕事をスタートした頃は、自分のトレーニングや治療理論を信じる思いが強かった結果、その理論を押し付けてしまい満足のいく成果を出すための手助けができなかった経験もしてきました。

15年に渡ってプロ野球の世界に身を置き、様々な選手への指導を通して結果が出るトレーニング理論を確立し実証することが出来るようになりました。

関わった選手の中でトレーニングによって、大きく成果を上げた選手を挙げるとするなら、田中賢介、ダルビッシュ有、中島卓也、近藤健介、大谷翔平です。

特に大谷翔平選手に関しては、前例の無い二刀流のコンディショニング管理を進めていく上で日々挑戦の連続でした。

プロ野球チームではたくさんの選手たちと共に喜びを分かち合うことの楽しさで充実していました。

しかしながら、1人1人の選手の要望に十分に対応できないことも多かった経験から、 その要望に応えることができる環境を作り指導をすることで、最大限のパフォーマンスを引き出せるのでないかと思い、PROGRESS PERFORMANCE LABを立ち上げました。

野球やゴルフを中心に、小学生からプロ選手まで競技力向上と怪我予防を目的として、トレーニングに通って頂いています。

アマチュアでもプロ選手でも限られた時間の中で、成果を出すことに努力している人の力になりたいと考えています。

Coaches

コーチ紹介

ヘッドトレーナー

大森達也

柔道整復師、NSCA-CSCS、FMS Level1,Level2認定

東京柔道整復専門学校卒

杏文パフォーマンスセンター(2019年4月〜2022年12月迄)

プロアスリートサポート(ゴルフ、レーサー)

生年月日

1997.6.13

出身

千葉県

競技

野球

指導実績

100名以上(プロアマ問わず)
-地区代表ジュニアゴルフチーム
-高校硬式野球部
-ジュニアテニスクラブ

略歴

学生時代は10年間野球に打ち込んでいましたが、度重なる怪我や身体の痛みに悩まされ、後悔の残る野球人生であった。
自身と同じような経験をする人を1人でも救いたいという信念を持って、柔道整復師を志す。
進学した学校に併設するトレーニングジムでトレーナーという職業に魅了され、怪我の予防からスポーツパフォーマンスを高めるためのトレーニングでアスリートのサポートをするためトレーナー資格を取得。
現在はプロゴルファー、野球選手を中心に様々な競技のアスリートをサポート。
プロアスリートが取り組むトレーニングを一般の方やジュニア選手も取り入れて、パフォーマンスを高めて欲しいという思いで、幅広い層のトレーニングを担当している。

白水代表の推薦コメント

トレーニングデータ分析能力が優れており、クライアントの個人目標を的確に定め、計画的なトレーニング指導が好評。
プロゴルファー、プロ野球選手、学生アスリートからの信頼も厚く、献身的な指導が出来るトレーナーです。

アスレティックトレーナー

鶴池柾叡

米国インディアナ大学大学院博士課程(Ph.D.)専攻:運動制御、神経科学
認アスレティックトレーナー(BOC-ATC)

1997大阪体育大学体育学部専任教員

2011大阪体育大学大学院スポーツ科学研究科教授

2012サンノゼ州立大学大学院アスレティックトレーニング教育プログラム主任

2023サンノゼ州立大学名誉教授

Partners

パートナー紹介

PROGRESSのパートナー様を
ご紹介いたします。

田中学園グループ

田中学園グループ(社会福祉法人田中学園福祉会、学校法人田中学園)は、さまざまな専門家協力のもと、質の高い幼児教育の実践と、豊かな心と感性の育成を実現します。

ACCESS

アクセス

現在おもに文京区の以下の場所で指導を行っています。
その他オンラインでの指導もご相談ください。

外観

〒113-0001
東京都文京区白山1-26-17
Phil-Park Hakusan Hills 5F

Company

会社概要

会社名

PROGRESS株式会社

設立日

2017年2月22日

所在地

東京都文京区白山1-26-17 Phil-Park Hakusan Hills 5F

代表者

代表取締役 白水直樹

事業内容

トレーニングジム運営

スポーツ、健康施設に関するコンサルティング事業

プロダクト開発および販売

エクササイズコンテンツ開発

スクール運営事業

Contact

お問い合わせ

PROGRESSについてのご相談やご依頼など、
お問い合わせは、公式LINEにて受け付けております。
こちらから友達登録を済ませた上でご連絡下さい。

ページトップへ
公式LINE・友だち追加